>

歯周病や詰め物が原因になる

歯茎が下がってしまう病気

歯周病は、次第に歯茎が下がっていく病気です。
すると歯と歯の間に隙間ができて、細かい部分を磨けなくなり虫歯に繋がります。
歯周病になったら、普段よりも丁寧に歯を磨くことを心がけてください。
また歯周病を早く治療できるように、努力することも欠かせません。
歯周病は放置すると、歯が抜け落ちてしまいます。
すると差し歯や入れ歯などを使わなければいけないので、余計な費用が発生します。

歯周病になると、このように様々なリスクがあると忘れないでください。
高齢者がなる病気だと思う人が多いですが、歯磨きの習慣が悪いと若い人でも歯周病を発症します。
ですから若い頃から歯茎を引き締める効果がある歯磨き粉を使うなど、歯周病対策を施しましょう。

被せものや詰めものをしている

過去に虫歯を発症した人は治療のために、被せものや詰めものをしたと思います。
すると被せものや詰めものと歯の間に隙間ができ、そこに虫歯菌が溜まり、虫歯になってしまいます。
このように被せものや詰めものの中に虫歯ができると自分では気づきにくいので、歯医者に行って点検してもらうのが良い方法です。
3か月に1回ぐらいの頻度で良いので、口内に異常が起こっていないか医師に尋ねましょう。

その時に虫歯だけでなく、被せものや詰めものが劣化していないかチェックしてもらうことも可能です。
数年が経過すれば劣化したり、外れたりしてしまうので、定期的に交換した方が良いです。
すると衛生状態も良くなり、綺麗な口内環境を維持できるでしょう。


このコラムをシェアする

このページのTOPへ