>

口内に原因がある

口内が乾きやすい人の対策

唾液の分泌量が減ると、口内を殺菌できずに汚れが溜まったり、虫歯菌が繁殖したりしてしまいます。
特に口内が乾きやすい人は、唾液の分泌量が減っている可能性が高いので自主的に出す努力を行ってください。
手軽な方法は、食べ物をしっかり噛むことです。
噛むことで唾液が分泌されますし、細かく砕いてから胃に送ると、内臓の負担を削減できるメリットが生まれます。

また口内が乾いたと思ったら、水分補給をしましょう。
そのように、飲み物で潤いを与えるのも良い方法です。
特に年齢を重ねると唾液を分泌しにくくなったり、服用している薬の影響で唾液の分泌量が減ったりします。
しかし自分で手軽にできる対策があるので諦めず、早めに改善しましょう。

歯列矯正をしてみよう

歯並びが悪いと、歯と歯の間や奥歯、歯の裏側を磨くのが難しくなってしまいます。
結果的に歯磨きが疎かになり、虫歯を発症するので改善することをおすすめします。
歯医者に相談すれば歯列矯正ができますし、改善すると見た目が綺麗になる、頭痛や肩こりを解消できるといったメリットも生まれます。

歯並びが悪いことはたくさんのデメリットがあるので、この機会に改善してください。
治療する期間は、歯並びの状態によって変わります。
かなり曲がっている人は、1年近い期間が掛かると覚えておきましょう。
また治療はワイヤー治療と、マウスピース治療の2種類があります。
それぞれのメリットを知り、自分に合う方法を選択するとストレスを削減できます。


このコラムをシェアする

このページのTOPへ