虫歯に繋がりやすい行動

磨くタイミングを覚えよう

まず虫歯を予防するなら、歯磨きが欠かせません。
この習慣を怠っている人は、当たり前ですが虫歯になるリスクが高いです。
食事のあとに磨いている人は多いですが、間食の後も同じように磨いているでしょうか。
間食後の歯磨きを忘れ、口内環境が悪くなり、虫歯を発症する人が増えています。
また歯を磨いていても適当だったり、奥歯や歯の裏側を綺麗に磨けなかったりして口内環境が悪くなる人もいるので気を付けましょう。

唾液が不足していることで口内を殺菌できず、虫歯菌が繁殖します。
たくさん唾液を出すためによく噛んで食べたり、こまめに水分を補給したりして口内に潤いを与えましょう。
また歯並びが悪い人は磨き残しが多くなり、結果的に虫歯になるリスクが高いです。
頻繁に虫歯になることを悩んでいる人は、この機会に歯並びを改善することをおすすめします。

病気を患っている人や、昔患っていた人も虫歯になりやすいと覚えておきましょう。
特に歯周病の人は歯茎が下がって、歯と歯の間に隙間ができやすくなります。
そこに汚れが溜まり、虫歯を発症するので歯磨きを丁寧に行ってください。
必要であれば歯間ブラシや糸ようじなど、隙間を磨きやすい道具を活用しましょう。
さらに虫歯の治療をして、被せものや詰めものをしている人は再び虫歯を発症することがあります。
早く虫歯に気づけるように、定期検診に行きましょう。
すると詰め物の内部に虫歯ができていても、医師が気づいて処置してくれます。

このページのTOPへ